■ケミカルピーリングの効果2



ケミカルピーリングは皮膚をはがすことで生じる 効果を利用した治療法ですが、その深さをガイドライン では4段階に分けています。例えば、厚く剥がす事で 前癌病変などの病変を除去することが可能となり、 逆に薄く剥がす事によって、皮膚のいろいろな再生機構 が働き、新しい皮膚の再生が期待出来るのです。

シミの場合、ケミカルピーリングにより表皮の生まれ 変わりが促進されると、表皮内に貯留していたメラニン 色素が上行して角質とともに脱落し、表面に固着して いた角質も均等に剥離されるため、くすみも改善され ますし、用いる薬品によっては、直接メラニン色素に 働きかけ、シミを薄くする事もあると言われています。

けれど、こうした肌の変化は、顕微鏡レベルでは証明 されるものの、実際に肉眼で確認出来るようになる までには、根気よく治療を続けなければなりません。 又、治療中は、遮光などを心掛ける事が必要です。

治療の効果は、疾患やその重症度、あるいは使用薬剤や その濃度によって常に異なります。ケミカルピーリング に対する皮膚の反応は、個々の年齢や体質、肌の状態に よって大きく左右されるため、同じ人でも治療時の皮膚 の状態や行う季節によっても違いが出るほどで、効果の 発現時期は様々です。すぐに治療効果が見られない場合 も少なくありませんが、諦めずに治療を続ける事が大切 になります。

■本サイト人気コンテンツ

★ どんな効果がある?
★ 長所はこんな点!
★ 短所はこんな点!
★ ピーリングを検討の方へ
★ ホームピーリング